【割引率が高くてオススメ】ユザワヤゴールド会員

お子さんが学校へ持って行く袋物を作ったり、文化祭の準備だったり、フラなどの習い事で衣装を手作りしたり、自分でソーイングをなさる方も多いと思います。

みなさんはどこで材料を買っていますか?

ネット?西日暮里のトマト??

私はオカダヤ、TOA、トーカイ、ホビーラホビーレ、パンドラハウス、ユザワヤにたまーに行きます。西日暮里は安いのはわかってるけど、遠くて腰が重たい。

中でもオススメなのが『ユザワヤ』なんです。

スポンサーリンク
アドセンス広告1

ユザワヤの使い勝手は?

ユザワヤは北海道から九州まで、全国に店舗があります。

が、売り場面積の大きい「大型店」と、そうでない店舗があります。みなさんの最寄りの店舗を調べてみてください。

品ぞろえは、やっぱり、本店の蒲田店がバツグンです。

大型店ではなくても、ユザワヤは無難に万人受けする商品が、リーズナブル、求めやすいお値段で充実しています。オカダヤやホビーラホビーレは、しゃれた生地も多いですがお値段が高め。

生地にこだわりが無いなら、ユザワヤへ行きましょう。

ただし、私の実感では、大型店は常に混雑。生地カットも週末だと特に数十分並ぶ。でも店員さんの感じはすごく良くて、カットしながら「何つくるんですか?」なんて雑談も振ってくれたりします。一方、小型店はとてもビジネスライク。ビジネスライクならまだ良いほうで、愛想も何も無い店員さんもいます。カットをお願いする時、「1.5メートルください」なんて言うと、ため息つかれちゃったり。これが大型店だとため息ではなく、「半端になる0.5メートル分は会員価格にならないけど、それで大丈夫ですか?」と、確認してくれます。

ユザワヤ会員価格とは

ユザワヤでは入会金500円を支払うと、1年間有効で「ユザワヤ友の会」の会員になれます。これでだいたいの商品が定価から10%割引になります。

下の写真だと、非会員は780円のところ、友の会会員は680円になるんです。

500円払うのをケチりたい時は、無料キャンペーンの時期を狙うと良いです。レジ近くのポップなどに、『○○(テナントビルに同居している他店舗のレシートとか)をお持ちの方は本日入会無料』などと、表示が出ています。

入会は即時、その場でレジで加入でき、当日のみ20%割引になります。

ポイント制度もあって、お買い上げ200円ごとに1ポイントもらえます。500ポイント=500円として、使う事ができます。

ユザワヤで割引クーポンをGetするには

友の会に入って常に10%割引になっても、更に、コストセーブすることができます。(セール品やリバティ、ソレイアードなど特定商品を除きますが)

1.今すぐ買いたい!他に割引になるクーポン無いかな?って時に役に立つのが、『ベネフィットステーション』。

お勤めの方は、会社でこの福利厚生代行制度を導入していませんか?

ベネワン会員の方は、下記にアクセスすると20%割引のクーポンが常に発行されます。

https://bs.benefit-one.co.jp/bs/pages/bs/srch/menuPrticSrchRslt.faces?menuNo=654215

2.急いで買う必要が無くて、時期を狙って安くなるならその時で良い、って時は、LINEのお友達登録が最高です。

定期的に、月1くらいの頻度で、何らかの形で20-40%割引のクーポンが発行されます!

ただし、どれか1品にしか、割引は適用にならないんです。(同じ品物を複数個買う場合は、適用)

3.頻繁にユザワヤに行く人は、会計時にもらえる紙広告についてるクーポンが最強です。

これも、LINEクーポンと同じで、どれか1品にしか適用になりません。

そして、この広告は、メルカリで売りに出されている時もあります。スポット的に大量購入を予定している方には大助かりですね。でもあくまで、既に友の会の会員になってるってことが大前提ですのでお気をつけください。

ユザワヤゴールド会員のきっかけ

私は上記の2と3を使っていたのですが、ある時、ユザワヤの大型店で大量購入をした際に、カット台の店員さんに「今日の内容だと、もうこちらに入るほうが断然オトクで、今日の分だけで年会費のモトがとれちゃうくらいなんですけど。。」と、ゴールド会員の案内を受けました。

ユザワヤのゴールド会員は、年会費3000円を支払って有料で会員になるか、年間20万以上の買い物をして無料でなるか、の、どちらかです。

「3000円も払うなんて」「年に20万も買わないし!」と思い、私は最初からなんら考えていませんでした。案内を受けたものの、「あ、考えておきます」とだけ返答すると、「いつ募集を停止するかはわからないので、次回いらした時に申し込みを、となっても受付不可な場合もあるので、それはご了承くださいね。」と、店員さん。

その後、レジに行くと、デジャブのようにレジ係さんから同じことを言われてしまい揺れる揺れる。。。そして、決断しました。その場でゴールド会員になりました!(写真下がゴールド会員証)

ユザワヤゴールド会員はどれだけトクするか

まず、ゴールド会員価格が適用されるのは、以下の店舗での会員のみです。

・蒲田店

・吉祥寺店

・横浜店

・浦和店

・津田沼店

・神戸店

・池袋店

・梅田店

それ以外の店舗での買い物は、掲示価格から10%割引のみになります。

適用店舗でゴールド会員で買い物をすると、ざっと以下のような割引率となり、様々な商品を購入する方にはとても便利な制度です。

・生地 30%割引

・ビーズ 40%割引

・レジン 40%割引

・図書 20%割引

実際に、私がゴールド会員加入時の購入レシートがコチラ。

ゴールド加入費用が3240円。同時に購入した商品の割引合計が3158円。

これならまあ、ゴールド入ってていいかなって思いました。

とは言っても、ユザワヤの各店舗の品ぞろえって、マチマチなんです。小さい店舗にあった商品が、大型店には置いていなかったり、数ヶ月後に大型店で巡り会ったり。

だから、私はゴールド会員であっても、LINEや広告のクーポンも継続して小さい店舗で使うなど、使い分けています。大型店のレジでも、「今日40オフのクーポン持ってるです」と言うと細かに計算をしてくれて、オトクなほうでお会計してくれます。

唯一気をつけたほうがいいのは、普通の友の会会員の時にためたポイントが、ゴールド会員へは引き継げないってことです。

ソーイングが好きな方、せざるをえない環境にいらっしゃる方には、ユザワヤゴールド会員はとってもオススメ(更にその上にはダイヤモンド会員がありますが)。ちなみにユザワヤのインターネット販売では、ネット用のゴールド会員というのも存在します。

私は小さい頃、ほとんど母が作った服を着ていました。遠足に行く時用の服を作ってくれる、となったら、ソーイング本を見ながら、「ここをこうアレンジして作ってほしい」なんて小生意気にオーダーしてみたり。ピアノの発表会なんて生地選びから参戦。小さい頃は『着る楽しみ』だったのが、今では『作る楽しみ』に。遺伝ですかね。DNAってすごいです。

ユザワヤを活用して、よりオトクに、ものづくりしましょうね☆

スポンサーリンク
アドセンス広告1
アドセンス広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする