ヘーベルメゾンで騒音に悩んだら苦情を入れよう

ヘーベルメゾンで、隣の部屋や上下階からの騒音に苦しんでいる方は多いと思います。
我慢、してますか?
壁ドン、してますか?

・・・私は電話かメールをしています。
今回は、クレームを入れた時の状況や、ヘーベル側の対応についてお伝えいたします。

スポンサーリンク
アドセンス広告1

隣室は大学生のたまり場

今の私の隣人は男子大学生→就職して社会人数年目、という方で、色々問題があります。
大学が近くにあり、駅チカで、1Kにしては広いお部屋は、そりゃたまり場になりますね。
これは私の盲点でした。
隣人さんは、毎日のように5.6人が集まって夜通しの飲み会を開催していました。
どこかで閉店まで飲み、行き場を失って家になだれこむため、0時以降に酔っ払い集団が騒音と共に襲来。しかも、居室の扉の前で、「片づけるからちょっと待ってて」と、廊下でうるさい待つ酔っ払い。
ワールドカップなどスポーツイベントがある時は、飲み会の騒音がMAXになります。ベランダでの飲み食いや喫煙、ギャー!ウオー!と言った雄たけびもあり。時には物干し竿をぐわんぐわんしていたり。。
まいりましたね。
彼らが疲れて眠る5時くらいまで、自分も眠れないのです。
せめて土日は安らいで過ごしたいと思っても、金曜の夜も飲み会、寝て起きて、昼間もずっと部屋に入りびたり、そして夜になり、また始まる飲み会。
日常生活に支障が出まくりでした。

我慢しないで苦情を入れましょう

苦情は、あなたは隣人のポストへお手紙を入れる派ですか?
私は、管理会社(旭化成不動産レジデンス・ヘーベルROOMS)を経由して、隣人へ苦情を伝えてもらうようにしています。
隣人が大学生デビューした時は毎日のように、旭化成不動産レジデンスに電話しました。
でもさすがに、電話しすぎる自分はクレーマーなのではないか?!と、恥ずかしくもなるのですよね。
そこで、ストーカー日記でもつけるかのように、いつ、どの時間帯にどんな騒ぎだったのか記録し、録音もして証拠を残しました。

騒音クレームに対する管理会社の対応は?

ヘーベル側は「本人に連絡します。その後どうなったかのご連絡は、差し上げるほうが良いですか?」と毎回聞いてくれるので、もちろん、報告はもらうようにしていました。
そして、ちゃんと報告をくれます。
・本人に苦情を伝えた結果、「自覚している」と言っていた
・今後も続くようならオーナー様や保証人様へも相談の上、対応いたします
こんな事を何度も繰り返すうち、隣室には極端に、人が来なくなりました。
おそらく、苦情を入れていたのは私だけではなかったのでしょう。
その後、ヘーベルではマンション施設に関するトラブル(騒音も含む)をメールでも受け付けるようになりました。これにより「苦情を入れる」という精神的なハードルが下がったのと、コールセンターが始動する朝を待たずにリアルタイムでイライラを報告でき、騒音の最中でも少し落ち着けるようになりました。

今でもたまに、隣室で飲み会騒音が発生すると、メールを入れます。
ヘーベルからはきっちり返事が来ます。
「前回から時間も経っていますので、今回は注意勧告のレターを投函することにいたします。」
・・・ちゃんと管理はされているようです。
でも、それなら、苦情の集まる居住者には契約更新させないとか、対策をしてほしいですよ。

ヘーベルメゾンに契約を決めたら、全ては隣人次第

昼間の生活音は互いに許容レベルだと思います
・大騒音には、躊躇せずに苦情を入れましょう
・隣人のマナー次第で、あなたの生活は大きく変わります
・隣人のベットが、自分側か反対側か、どちらに置かれているかでも騒音の度合いが違ってきます
私の隣人は、
・在宅中は常に生活音もボリュームMAXのため、発せられる音によって常に気配を感じます
・1時、2時とかにベランダで洗濯物を干したり取り込んだりするので、自分が寝ていても起きてしまいます
(前は窓をドカン!と開け、ガツン!と洗濯かごをベランダにおろし、ガラガラゴロゴロバサバサやっていましたが、どなたかからの苦情により、まあまあ、静かになりました。)
私は何より飲み会騒ぎを避けたいのが一番なので、他は我慢しています。
まあ、かなりの頻度で、壁ドンしてますけれども。
壁ドンする→クレームだ→やっべ親に連絡される。みたいな思考回路で、直後は静かになります。

入居するまではわからない。運です!でも、改善はできます!

隣人の騒音以外は、私はヘーベルメゾンを気に入っています。
同じヘーベルでもオーナーさんによって建物のレベルは変わると思います。
建材をけちって建築しているか、お金をかけて防音防寒対策をしているかなんて入居するまでわかりません。
ただ、私はヘーベルを一括管理している不動産会社、ニチワの営業さんは詐欺だなあと思いました。
物件見学中に「騒音て、どうなんですか?」と聞いた際の、営業さんのお返事は・・・
『この間、同期と一緒に同じ物件の101と201号室に入って、実験したんですよ。
時差で互いにうわあああ!って大声を出しても、聞こえなかったです。
それくらい良いものを使って建ててます!』
営業さんの嘘つきー。
営業トークだったのでしょうけれども、時折思い出すと・・・ね。
引っ越しにはお金もかかりますから、騒音主さんと直接のトラブルにならないよう、
管理会社を通して、間接的にクレームを入れるようにしましょう。
何度も何度も、入れましょう。
他の部屋からもクレームが出ていれば、やがてきっと、動きはありますよ。
騒音に苦しむみなさんのイライラを、少しでも鎮めることができますように。
ヘーベルメゾンがどれだけうるさいかは、別記事の『ヘーベルメゾンの騒音。居住者からの口コミ!』にてご確認いただけます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

O型日記ランキング

スポンサーリンク
アドセンス広告1
アドセンス広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする