【男女共用店舗あり】LAVAのちょっと気になるところ

スポンサーリンク
アドセンス広告1

女性専用じゃない

今やLAVA以外の多くのヨガ教室もそうですが、男女共用なんです。
幸いにも、私のメイン店舗は男性不可、女性専用。満員御礼の湿気むんむんのお部屋の数センチ隣で、互いに露出高めの恰好で汗だく、という気まずい状況を体験したことはございません。

(LAVA公式サイトより)

男女共用の店舗はどんなところ?

これはおそらく、比較的新しくオープンした店舗だと思います。なぜなら、フロントは男女一緒だけど、更衣室とシャワールームは男女完全別、だから。オープン当初からレイアウトがその作りでないと、共用にはできないですものね。

なぜ男女共用が嫌?

男性はイヤッ!!!やだ!!!気持ち悪い!というのではありません。
・自分はブラトップ1枚にショートパンツ
・男性もランニング?に短パン
・あの、湿度MAXのスタジオに共存
・混んでる時は数センチの距離で、指先や手が触れあってしまう
・全員が汗だくで身体テカテカ
・時に、お尻突き出してたり、恥じらいも何もありゃしないポーズ
・極めつけは、インストラクターまで男性!
・・・そんな空間に、自分が居ることが、総合的に許容できないのです。

もちろん、ブラトップ姿で汗だくの女性が見たいからとかいうヘンタイ思想でホットヨガに来ている男性は居ないはずです。健康のため、かな?中年の方も多いようだし。男性インストラクターさんも清潔だし、指導で変に触ってくることもないし、彼ら『LAVA男』には何ら、問題も非もないのです。
ただ、私は感覚的に、男女共用はダメです。
友人の通っている店舗は男女共用で、インストラクターさんの名前なんて特に気にしないで予約したら案の定、インストさんが男性、受講者も男性が多くてぎょっとした!、なんて言ってました。んんん・・・私なら途中で帰ってしまうかも?
私と同じようなタイプの方は、行きたい店舗が「男女共用」か「女性専用」か、体験レッスンに行く前にチェックしてくださいね。LAVAに限らず、カルドとか、他のヨガ教室でも同様です。

その他、ワガママだけど望みたいこと

・更衣室をもっとひんやり、冷房を効かせていただけるとより爽快です。
・洗面台横には洗顔フォームが、ドレッサー前には化粧水が無料で置いてありますが、化粧水兼乳液のオールインワン型のローションとか置いていただけると、より顔がうるおったまま帰宅できるのですが・・・自分で乳液持ってこい、って感じですか??
・人気インストさんのクラスで、ほぼ満員で混雑している時は特に、良い位置取りができるかどうかドキドキします。早く行った人順に、入場番号札をもらえませんかね?遅く来た人がスルっとずる込みしてくると、癒しの時間前にイラッとしてしまいます。
・もしくはWEB予約時に、「現在の予約人数」みたいな表示が出るとありがたや。人数が多かったらあきらめるし。
・同じく混雑時、マットを敷く位置に関係なく、エリアを侵してくる人がいるんですが、取り締まっていただけないでしょうか?
・あと香水使用者!猛烈柔軟剤使用者!喫煙者!は、取り締まってほしいです。・・・ワキガもだけど無理だよね。。
・私のメイン店舗は、天井の半分くらいの面積がおしゃれ天井で間接照明のため、背の高い私が「山のポーズ」から上に手をあげていくと天井で突き指します。だからいつも「位置取り戦争」なのです。これきっとLAVA男さん達も感じてるんじゃないでしょうか。

でもやっぱりLAVAが好き

なんだかんだ言っても、LAVAから他のヨガスタジオへ鞍替えしようとは思いません。
ヨガ後はスッキリして、帰宅。行く前はちょっと憂鬱でも、クラス後は「さっぱりした~~~!」という爽快感でいっぱい。1時間はあっという間です。良い気分転換にもなります。

ただ、一応、ご自身が通いそうな店舗は『LAVA男』がいるか、事前に確認しておくほうが衝撃が少ないと思います
ごめんね、LAVA男さん。でもLAVA男さん限定のパワー系特別クラスもあるようですし、男性可の店舗は比較的、リンパ系よりは強度が高めのパワフル系のクラスが多いような印象もあります。これはどんどん鍛えたい女性にとってはメリットでもありますね。

体験レッスンへ行って確かめてこよう

ホットヨガ未体験の方はWEBから体験レッスンの申し込みをしてみましょう☆



たまにキャンペーンで、ウェア、タオル、マット、水などコミコミで1000円で体験できる時もあります。
体験であってもシャワールームやパウダースペースは使えます。実際に行ってみて、自分にあっているかどうか、フィーリングを確かめてみるのもいいと思いますヨ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

O型日記ランキング

スポンサーリンク
アドセンス広告1
アドセンス広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする