【汗・香水・タバコ】ホットヨガはクサイ?やめてほしいこと5選。

ホットヨガは高温多湿の密室で行います。更に、混雑している時は自分のすぐ隣に、肌露出の多いあられもない姿で、汗でテカテカになっている他人がいます。
潔癖すぎる人には、きっと、受け付けられないことでしょう。
私は人のクセやニオイ等が気になりすぎ、ヨガに集中できない時もあります。
今日はヨガあるある的な、ホットヨガでやめてほしい事をまとめてみましたよ。

スポンサーリンク
アドセンス広告1

1.レッスン前の場所とり戦争

私の通っているLAVAでは、レッスンの30分前からフロントでの受付が始まり、実際にスタジオに入れる時刻はマチマチです。レッスンの感覚が20分あいている時は10分前に、1時間あいている時は20分前に、スタジオのドアが開き、中に入れる。
私はいつも、30分前に受付を通過し、着替えてメイクオフして、1番目にスタジオに入れるよう待機しています。
スタジオに入るのは先着順ではありません(本当は、先着順に入場札を渡してほしい。ズルして割り込んでくる人がいるから)。準備ができた人から、ドア近くに立ってスタンバイ。暗黙の了解で、一応は順番に、入場します。そして、各々が望む場所置をゲット!
LAVAの床には、なるべく多くの人がレッスンを受けられるよう、「ヨガマットを敷く位置」の印がついています。
しかし、せっかく早く来てゲットした好位置なのに、「どきなさいよ」と言わんばかり、弾き飛ばすかの如く、マットとマットが1センチもあかないくらいの所に、後から来た人が場所取りをする時もあるのです。そんな所に陣取られたら、私は小さく縮こまってヨガポーズをとらないといけないよ。。。作為犯ですよ。

そんな時は、「えっ???」と3度見くらいします。他の場所はまだたくさん空いているのに。
でも、意地悪な人、というか、自己中心な人って、たくさん居ますからね。
でもでも、おあいにくさまで、そういう時は私もどきません。地味に闘います。結局、インストさんに「スペースは空き地をうまく使って、マットの位置を調整してください」って言われて、すごすご離れていきます。
あとは、レッスン前のリラックスタイムでスタジオ内で寝ている人も多いのに、ズカズカドンドン足音をたてて入ってくる人や、マットを立ったままの状態で床に「バチン!」と落とし広げる人も、マナーがないなと思います。
・・・やめてくださいネ。

2.人の吐息!!!

ヨガポーズをとっている時や、ポーズ後に身体をゆるめる時の吐息が激しい人がいると、ちょっと気持ち悪い。
「はぁんっ。。。」「ふぅぅぅぅ。。。」「んっ。。。」
・・・きもー!!!聞きたくないです。
無意識で漏れているのか、敢えて漏らしているのか。
やめてほしいけど、生理現象になってしまうのかも?
さらに、レッスン最後の安らぎのポーズでお休みする時に、イビキかいて寝ている人もけっこういます。これはまあ、仕方ないかなあ。
私はお腹がギュルギュルギュル~とたまに鳴ってしまうのが恥ずかしいです。腸が動いてる証拠、ではありますけれども。

3.風邪(人の咳やくしゃみ)

くしゃみ、咳、鼻水はやはり、衛生面ですごく気になります。
特にくしゃみは、高温多湿の密室で「ぶしゅん!っ」と数回されると、もう同じ空気を吸いたくない、とさえ思います。汗拭き用で必ずタオルを持っているのだから、せめてタオルで口をおさえていただきたいです。
近くに鼻水じゅるじゅるの人が居ると、自己暗示で風邪を引いてしまいそう。。。
風邪の時にホットヨガしても、決して改善しませんから。自粛していただけるとありがたやです。

4.しみこんだタバコ臭

LAVAでは「レッスン前の喫煙はしないで下さい」という注意喚起があります。スタジオの前にも注意書きが貼ってあります。
しかしそれは、運営側から言える最低限のマナーなだけ。
喫煙者の方は気づかないかもしれませんが、持ち物すべて、タバコくさいです。マットやウェアの繊維の中に、しみこんでいます。
持ち物にも気を使って・・・あ、でもそういう方は最初から喫煙者にはならないか。
いや、気を使ってファブリーズを大量使用されるのも、逆に違う問題を生みます。
タバコ臭の中でエクササイズする1時間は、なかなかに過酷です。そして次の5へ続く・・・

5.最大の問題はフレグランス

4のタバコに加え、LAVAでは「香水や香りの強いボディクリームを使っている方はふき取って下さい」という注意喚起もあります。
これにもう1つ、「ヨガマットやヨガウェアに、柔軟剤や香りのスプレーを使わないで下さい」を、追記してほしいです。
特に、高温多湿の密室において、汗で香りが変化するタイプの柔軟剤は最悪で、かなりの破壊力があります。
ヨガでは呼吸を伴ったポージングが大切。なのに、空気が汚染されていて浅い呼吸しかできない。化学物質の影響で、次第に目がチカチカして頭も痛くなってくる。一方、香りの発生元さんは、香りを楽しみながら思う存分にヨガをされています。りふじんですー。
・・・とは言いましても・・・ワキガという由々しき問題も、ありますけれども。
かつてのLAVAでは、レッスンの最後、クールダウンの時間にインストさんがスタジオ内を歩き、アロマスプレーをまいていたそうです。
あんな蒸し暑い空間で、人の汗のニオイとそれぞれから出るニオイに、アロマがプラスされるなんて、想像するだけで悶絶。
でも、その付加サービスは2014年頃に無くなったとか。ネット民の間では「経費削減か?!」と噂されていましたが、もしかして「香り撤廃対策」だったりしたのかな?
今は香水以上に威力のある柔軟剤が多いですし、衛生面の対策と並んで、香りの対策もしていただけると競合他社との差別化ができ、ビジネスチャンスにもつながるのではないかと思いますよ、LAVAさん!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

O型日記ランキング

スポンサーリンク
アドセンス広告1
アドセンス広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする